《お知らせ》
当ブログは、すでにこちらに移転いたしております      
よろしければ、新ブログのほうにお越しください         

2010年02月10日

移転しました

この記事はこちらに移転いたしました。


posted by sei at 15:13 | Comment(6) | アステアのTVショーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ジェーンとルース」の仕掛けは、見抜けませんでしたねぇ!
地デヂ、などではきっとできないトリックですよね!(あの後の3人の軽いルーティーンが相当カッコイイです)

何度見ても「Sweet Georgia Brown」には殺されます――そして番組エンディングのステッキさばきの妙!!!!

……素晴らしいというか、憎たらしいというか。
Posted by ontheritz at 2010年02月12日 08:31
ontheritzさん
私、「ジェーンとルース」は、別撮りの映像をはめていると思ったので、アステアが中に入っていっちゃうのを見て度肝を抜かれました(←フレッドの思うツボ)
ラストのステッキね! 「アナザー・イブニング」よりも若く見えません?
Posted by 管理人 at 2010年02月12日 15:06
確かに! やはりメイクやカツラ(!!)の進歩もありましょうかねぇ。

だって『デラックスカラーシネアルバム』の40頁、『ブルースカイ』の上の写真の毛髪には違和感がありませんか?
僕は初めて見た時から「なんかなぁ」でした。
Posted by ontheritz at 2010年02月15日 02:15
ontheritzさん
P40上の写真ですか? ん〜? ん〜そうですか?
……だんだんそう見えてきてしまった私はどうすればいいですか。
Posted by 管理人 at 2010年02月15日 17:43
すみませんでしたぁっ!

でも、戦時中の慰問のステージで彼がカツラ無しで、観客の前に姿を現わしているのには感動をおぼえました。

日本とのカツラに対する意識の違いってことでしょうか。
Posted by ontheritz at 2010年02月15日 22:56
ontheritzさん
たしか、ショーン・コネリーも、取る前から公にしてましたよね。そういうものなのでしょうか。
慰問のステージは、私の「初被らないフレッド」だったと思います。スカーフベルトは必須だが、カツラは必須じゃないのだ!と思った覚えがあります。
Posted by 管理人 at 2010年02月16日 18:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。