《お知らせ》
当ブログは、すでにこちらに移転いたしております      
よろしければ、新ブログのほうにお越しください         

2010年03月27日

移転しました

この記事はこちらに移転いたしました。
posted by sei at 23:02 | Comment(2) | アステア関連人名辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 初めて書き込ませていただきます。

 たびたび拝見させていただいていますが、管理人様のアステアに対する愛情の深さにはいつも感服しています。

 ところで、Hugh Fordinの”M-G-M's GREATEST MUSICALS  the Arthur Freed Unit" には、ジョージ・シドニーが”Here's to the Girls(Meet the Ladies)”とお蔵入りになったアステア主演の”If Swing Goes, I Go Too"の二つを監督したように書いてあります。

 もっとも、前者の監督は途中で辞退し、後をミネリが引き継いだようですが。
”The Babbitt and the Bromide”は初めからヴィンセント・ミネリの監督のようです。

 私の訳が正しければの話ですが・・・・・。

失礼しました。
Posted by OmuHayashi at 2010年03月29日 01:17
OmuHayashiさん、いらっしゃいませ。
情報ありがとうございます。記事内にも「コメントまで読んでね」と追記させていただきました。
Posted by 管理人 at 2010年03月30日 00:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。